本文へスキップ

Forest Instructor Association of Japan

会員が書いた本

木を知る・木に学ぶ なぜ日本のサクラは美しいのか?

書籍名/発行年月日/著者  概要
木を知る・木に学ぶ
なぜ日本のサクラは美しいのか?


2015年8月1日 発行
石井 誠治(東京7-0368)著
定価(本体800円+税)
発行:山と溪谷社
ISBN9784635510059
石井誠治氏の著作は、「都会の木の花図鑑」(八坂書房)、「樹木ハカセになろう」(岩波書店)、「大人の樹木学」(洋泉社)に続く著作。前著と合わせ、氏の樹木に対する一貫した強い思いが伝わりますが、本書では、特に13種の樹木を取り上げて解説しています。
サクラからウルシ、ツツジ、イチョウ、ブナなど、森林インストラクターとしてよく話題にする必須の樹木であるということだけではなく、これらの木をとおして、日本に生まれ、育ったことを意識することができる大切な樹種として、著者が選び、語っていることに着目できます。
すなわち、木とのふれあいが薄れていく高度成長期以降の時代の中で、縄文時代から築いてきた森の民としての文化が、今、足元から崩れてしまうという危機感を共有してほしいという著者の願いを読み取りたいと思います。
(寺嶋 嘉春(千葉3-0025)記) 

新書判/224P。
木を知る・森に学ぶ



生物多様性と子どもの森
グリーンウェイブ2017参加登録
会員が書いた本
森林インストラクター地域会
Newsを考察
サイトマップ

一般社団法人 日本森林インストラクター協会

〒112-0004
東京都文京区後楽1-7-12
林友ビル6階

アクセス


TEL/FAX  03-5684-3890    

問い合わせはこちらから